女性が突然ほしくなるもの、それはちょっとリッチなアクセサリー!


普段からあまり物欲はそう強くないと思っている私ですが、不意に物欲がわいてどうしても欲しくなってしまうことがあります。
そしてその欲しくなるものはたいていがアクセサリー類です。
友人達にも聞いてみると彼女達も普段はそう欲しいとは思わないのに、急に何かのスイッチが入ったように欲しくなる時があるという話でした。
彼女達の欲しくなるものもアクセサリーかバッグで、どうやらそれらには女性の物欲スイッチを入れる効果があるようです。

このアクセサリーも、私を含めて何人かが共通していた特徴が《ちょっとだけ高価なもの》ということでした。
普段使いよりも少しだけ高価で、しかし改まった場などにつけるには少し足りないくらいのラインです。
私が欲しいアクセサリーもプラチナネックレスでチェーンとチェーンの間を繋ぐようにダイヤがいくつか入っている、というデザインが少しカジュアルで少し高価なアクセサリーでした。

欲しい!と思っても某有名ブランドで金額は○十万円、その場で買える金額ではありません。
しかしスッキリ諦められない、買えるかもしれないというきわどい金額で私は悩みました。
夫に相談するにしても普段から節約が大事よ!などと言っている以上はなかなか言い出せず、迷っているうちにショーケースから同じラインのゴールドが消えました。
誰かが買ったのだ、と思うと焦ってついに夫に相談したところ意外な返答がありました。
それは「いいよ、買っても」というあっさりとした一言でした。

今まで何度か物欲が起きてアクセサリーを買ったりしたことがありましたが、それらは全部大事なお気に入りとして大切に使い、手入れもしっかりとしてきれいに保管しています。
そんな事を知っていたらしい夫は、快く買うことに賛成してくれたのでした。

そんなことがあって翌日、ついにネックレスが私のもとに来ることになりました。
キラキラと太陽の下で白く輝くプラチナとダイヤは、あまり宝石に詳しくない私でも心がときめきます。
また、ちょっとだけリッチなアクセサリーは少し大げさですが、心に余裕もできて人に優しくなれるような気にさせてくれました。
もしかしたら、日々忙しくて疲れたりストレスがたまると、女性はちょっとリッチなアクセサリーで心を癒したくなるのかもしれません。